なぜ・・・

なぜ・・・

そこを嗅いだ・・・???



MISSION30 101


しかも 真顔(^^;)


ユノ~(笑)



そして

MISSION30 105

(^_^;)



チャミの表情がシュール(笑)


ほんと
かわいいですねぇ(^^)


2014.03.26 Wed l ■ 未分類 l コメント (6) l top
来られましたねぇ(^^)

チャミです。

140325 1

厳しい表情?!

と思いきや・・・


140325 2

笑顔~(^^)


140325 3

お、怒ってる?!

と思いきや・・・


140325 4

すこぶる笑顔~(^^)


いっぽう ユノです。

140325 5

なんだか 元気 ないですか・・・?

あ!でも!

140325 16

笑顔~(^^)


140325 7

あぁ・・・
ユノや~


140325 8

笑顔!(^^)


140325 9

くりくり目~(^^)



140325 10

松葉杖・・・


心配しないで と言ってましたが
足の具合、やっぱり 気になりますね・・・


140325 11

そんなに急いじゃ 危ないわよ~


140325 12

ユノ~!
慌てないで~

その横で
しどけないポーズでこちらを見ているチャミが
なんだか 奥さまチックです。


140325 13

超内股のチャミ。
そのへんの女子より 女らしいですねぇ。


140325 14

後ろから
ヒョン 見守り中。

そして
ヒョンは 懸命に前に進んでいます。

いじらしい一枚ですねぇ。


140325 15

行かなくちゃ。

ヒョン・・・



ユノ 
どうか 焦らないでください。
来てくれただけで うれしいのだから。

140325 6


2014.03.25 Tue l ■ 未分類 l コメント (2) l top
140324 41


[From. U-Know]
10周年活動を
皆さんとこのような汽車旅行で締めくくることができて
とても意味深くて意味ある時間だったと思います ^__^
곡성という所を初めて行ってみましたが
思ったより良い所でしたね~
皆さんと共に良い時間を楽しく過ごせたようで嬉しいです!
そして足は ファンの皆さんが心配してくださったおかげで
回復しているから あまり心配しないでください~~
今日本当にありがとう~~!

We are T~!


[From. MAX]
今日 10周年アルバム活動の締めくくりで
ファンの皆さんと一緒に汽車旅行をして
本当に新鮮な感じがしました...
汽車旅行自体を何度もしてみたことがなくて
実は朝から遠足に行くという気がして
ちょっと舞い上がりもしたんですよ ヲヲ(笑)
短かったですが 一緒に汽車も乗って
天気良い日に野外で会って さらに良かったんです...^^
10年間でファンの皆さんとこんなにも
身近に一緒にいた時間は多くはなかったと思います...
もっと近づく時間がなかっただろうかと
慎重に考えながらも 気持ちが良いですね^^
今度春遠足で得た暖かい気運で
がんばって日本でも素敵に仕事よくして来ます^___^
みんな丈夫にお元気で!
遠くからも私たちの応援してください!!
行って来ます^^


140324 42

かわいすぎる~(TT)


そして Dispatch記事より。

140324 101

立ってるだけで かわいい(TT)


140324 102

困ってしまって かわいい(TT)


140324 103

お弁当2個食べないように仕切ってて 
かわいい(TT)


140324 104
140324 105

仲良しで かわいい(TT)


140324 107

(TT)

ほんと、家族思い・・・


140324 108

かわいすぎる(TT)


140324 109

ち、近い・・・

うらやましすぎる(TT)


140324 110

チャミを探してるのね(TT)


140324 111

飲み物ふたつ持ってるのね(TT)


140324 112

ヒョンを待ってるのね(TT)


140324 113

にゃはは!(TT)


140324 114

楽しそう(TT)


140324 115

待ってるのね(TT)


140324 116

健気でいじらしいふたり(TT)


140324 117

T~(TT)


もう ほんと すみません・・・

明るく楽しい 素晴らしいイベントだったというのに
画像を見ると泣けて泣けて・・・


イベント大成功で ほんとによかった・・・


140324 43

おつかれさま。



2014.03.25 Tue l ■ 未分類 l コメント (2) l top
列車へ向かうふたり。

140324 1

見てます。


140324 13

見てます(^^)


140324 14

かわいい(^^)


140324 11

松葉杖・・・


140324 6

預かるクマさん。


ご挨拶。

140324 2
140324 7


動画です。



140324 31

ハウリングするマイクを見てます。


140324 32

チャミは 自分のマイクを遠ざけています。


140324 33

ユノ マイクをとんとんしすぎ(^^;)

そして

かわいすぎ(^^)


140324 34

チャミが こっちのマイク と誘導。

ユノってば(^^;)


140324 35

わはは!(笑)

ユノ~(^^;)



140324 3

むぎゅ。


140324 9
140324 10

べっぴんさん。


140324 5

ぼくちゃん。


140324 19

到着~(^^)

お天気で よかったですねぇ(^^)


140324 20

チャミ ノリノリ~


140324 21

ほのぼのとした光景なのですが
やはり 松葉杖での移動は大変そうです・・・

ぼくちゃんの
ぴこん!と立ってる髪が かわいいです。


乗り物に。

140324 17

ユノ 後ろに座ってますが


140324 18

やっぱり前に。

チャミ すんごい楽しそうな笑顔ですねぇ(^^)

そして 
ユノの膝小僧が すんごいことに(^^;)


140324 24

T~!!(^^)


そして ソウルに到着。

140324 25

お髭が伸びてます。


140324 22

満足そうな笑顔です。


無事に終わって
ほんとによかったですね。

おつかれさまでした(^^)


2014.03.24 Mon l ■ 未分類 l コメント (2) l top
16日(日)15:00
De Karmelietから アックジョンへ。

次の目的地は MIEL です。
タクシーにて アックジョンへ向かいました。

途中 漢江沿いを走ったのですが
河川敷では たくさんの人々が 思い思いに楽しんでいました。
キャンプのテントも たくさん張られていました。
バドミントンをしているひと 
シートをひいて お弁当を食べながらくつろいでるひと・・・

運転手さんに聞くと 漢江市民公園ということでした。
あとで知りましたが
漢江には 12箇所の市民公園があるそうです。

そういえば、市民公園で バスケットをしている写真が
あがったことがあったなぁと思い出しました。

こちらは 2013.9月
basketball2.jpg

こちらは 2010.7月
basketball.jpg

韓国に住んでいたら 
偶然会える可能性も 俄然アップするんですよね・・・

偶然に ばったり出会ってみたいものです。


さてさて
春を通り越して 夏のような日差しのなか
私たちを乗せたタクシーは 
アックジョンのMIELに到着しました。

MIEL1.jpg

なんとも モダンなたたずまいです。


MIEL2.jpg

ラズベリータルトをいただきました。
おいしかったです~

果実は冷たく 
タルトの中身は ずしっと詰まってて温かい
なかなか食べ応えのあるタルトでした。


その後 旧SMの建物へ。

SM_20140323133507f57.jpg

道が坂になってるので 下部が切れてました。
なんだか 痛々しいなぁ・・・


トランプ柄の旧SM建物を見たあとは
本日最終目的地の ナムサンに移動です。

私たちは タクシーで
ソウルタワーに向けて出発しました。

16日(日)16:55
ナムサンに到着。

正確には、ソウルタワー行きの
ケーブルカー乗り場がある建物の入り口に到着。
ですが なんと待ち時間1時間の表示が!

一時間待って やっとケーブルカーに乗れる
といった とても大変なことになっていたのです。
これは困りました。

この日 18時からサイン会がありました。

会場入りする直前に
少しでも ひとめだけでも見れないだろうか・・・
そう思ってナムサンに来てはみたのですが
ひとびとが こんなにソウルタワーが好きだったとは・・・

飛行機の時間から逆算すると
遅くても6時までには タワーを出なければなりません。
 
1時間待ちと表示してるけど
ひょっとしたら もっと早く乗れるかも・・・

一縷の望みを託し 列に加わることにしました。

ところが
列は一向に進みません。
建物の中で 渦巻きのようになっています。
ケーブルの乗り口まで きっかり一時間かかりました。

とほほ・・・

でも、せっかくここまで並んだのですから
乗らないわけにはいきません。

余談ですが
私たちの少し前方に 小学生の男の子と
ふたつみっつ年下の妹と思われる女の子が
お母さんといっしょに並んでいました。

ねぇ あの兄弟
ユノとジヘみたいだね


ほんと!

私たちはその男の子に ちびユノ と名前をつけ
かわいいねぇと見守っておりました。

途中 妹とお母さんがトイレのため列を離れました。
ちびユノ君は不安そうに ずっと後ろを振り返っています。
お母さんたちは なかなか列に戻ってきません。
不安のあまり ちびユノ君は列から出ようとしました。
 
出ちゃだめよ、お母さんたちすぐ帰ってくるから
と ひき止めると
くりくりまなこで私たちを見上げ
ぼく ここにいてもいいの?と聞くではありませんか。
私たちは悶絶しました。

いいの!いいのよ!
おばちゃんたちから離れちゃだめよ!

うん

もう なんてかわいいんでしょう・・・

かわいいねぇいくつ?そう10歳なの~
そっか~ お母さんたち遅いねぇ
あ!お母さん来たよ!ほら!

もう彼はお母さんに夢中です。
私たちのことは 眼中になくなってしまいました。
そして
おみやげのアイスクリームをうれしそうに舐めながら
私たちのそばから離れていってしまいました。

さみしいわね
きっと 私たちイルボンアジュンマのことなんか
すぐに忘れちゃうのね


ちょっと さみしくなってしまったのでした。


話を戻します。

やっとのことでケーブルカーに乗車。

私は 頭のなかで考えました。
 
どうする?どうする?
これで上まで上がったとしても 
タワーに入るためにまた並ばなきゃならない
無理、どう考えても無理

私は決断しました。

すみません、これにこのまま乗って下に降ります。
ここで さよならです。

おふたりは 飛行機の時間が私よりも遅いので
まだ時間に余裕があります。

うん、わかった。
気をつけてね。
 

はい!
がんばってください!

私はおふたりにそう声をかけ
そのまま ケーブルカーに残りました。

ケーブルカーを降りたところに
傾斜型専用エレベーター「南山オルミ」があり
それに乗って ナムサンから脱出したのですが
到着したそこは 見慣れぬ風景でした。

あれ?ホテルが見えない・・・

入り口からは ホテルが見えたので
まっすぐ行けば大丈夫 と思っていたのですが
どうやら出口は まったく別の方向にあったようです。

ホテルに預けていた荷物を 
取りに行かねばなりませんでした。

うわぁ~!
わからん!
どっちに向いて行ったらいいんだ!
とりあえず 大通りに出よう!

出てみましたが さっぱりわかりません。

うわぁ~!
わからん!
とりあえず タクシーに乗ろう!

タクシーがなかなかつかまりません。

うわ!アウトやわ!どうしよう!

やっとのことで止まってくれたタクシーにホテルの名前を告げ 
とりあえず行ってくれ そこで荷物を受け取るから
そのあとソウル駅に!

と伝えると

ホテルはそこをまっすぐいけばすぐだ
でどっちに行きたいんだ?ソウル駅か?

だから!荷物が!
ホテルに行ってください!お願い!

しぶしぶ ホテルに向かう運転手さん。
ホテルに着くや否や メーターを止めようとします。

だから!
荷物を受け取ってすぐに戻ってくるから!
お願いだからこのまま待ってて!

運転手さんは とても不満そうな顔で
なにやらぶつくさ つぶやいています。

私は 貴重品が入ったケースだけを握り締め
リュックと上着を助手席に残したまま
待ってて!と駆け出しました。

ホテルにダッシュし、
集め置かれた荷物置き場から自分の荷物を引きずり出し
係員に番号札を手渡しながら
タクシーが待ってるから!と告げつつ
いてくれよ たのむから待っててくれよ と願いつつ
またタクシーのもとへダッシュしました。

いてくれた!

私は後部座席にスーツケースを放り込み
ソウル駅に行ってください!と告げました。

あっけにとられたようすの運転手さんでしたが
そのあとは 何時の飛行機だと気にしてくれ
20時50分と伝えると グン!とスピードをあげて
ソウル駅まで飛ばしてくれたのです。

18時30分発の空港鉄道に乗れれば
余裕で間に合うはずだったのですが
その時刻は とうに過ぎておりました。

タクシーはここまでしか行けないから
あとは駅の中をつっきって行くんだぞ!と
指で歩くマネをする運転手さん。

うん、わかってる!ありがとう!

私はふたたび後部座席をあけ スーツケースを取り出し
車から飛び出しました。

空港鉄道の乗り場までは 結構距離があります。
私は ひた走りました。

とりあえず、電車に乗らなきゃ・・・

ですが なかなか電車は来ません。
こういう時って
ほんとに来ないんですよね 電車って・・・

20時50分発ですから 
空港カウンターでのチェックインは
出発50分前の20時までには済ませておかなくてはなりません。
空港鉄道からカウンターフロアまでは 10分ほどかかります。

どうしても 19時50分までには空港に着かなきゃならんのです。
電車よ はよこい~!

やっと来た電車に乗り
乗ってる間も時計とにらめっこ
着いたやいなや 猛ダッシュ!
走れ走れ!あと5分しかない!

空港カウンターのフロアに到着したのが19時58分。
あと2分しかない!

その時 私の名前を呼ぶ方が・・・

なんとおふたりさんではないですか!

事情を説明する時間がなかったので
すみません!あと2分なんです!
と訳の分からないことを叫びながら
ピーチカウンター目指して ひたすら走りました。

そして ゴーーーーーール!!!

ギリギリセーフで手続き完了。

私はふらふらになりながら
ふたたび 搭乗口へと急いだのでありました。


と まぁ
なんとも慌ただしい終わり方ではありましたが
今回の旅も 
さまざまな方との温かいこころのふれあいが
たくさんあった旅だったなぁ と 
あらためて思います。

お世話になった Aさん Yさん
この場をお借りして お礼申し上げます。

そして 長々と続いた今回の旅日記を
最後まで読んでくださった 今見てくださってる貴方様
ありがとうございました。

次回は 
実際に見た東方神起のふたりのことを
じっくり書けるような旅が できることを願いつつ
これで 完 とさせていただきます。



追記です。
やっとの思いで 搭乗手続き終了した3分後ぐらいに
まだいけまっか~と ピーチカウンターにやってきた
ツワモノのおっちゃんがいました。
時間過ぎても 大丈夫だったの?

謎です。


2014.03.23 Sun l ■ 新・韓国旅日記 l コメント (10) l top
16日(日)12:30
De Karmelietの最寄り駅 遁村洞駅に到着。

徒歩10分とサイトに書いていたので
方向さえわかれば歩いていけるかも!とも思いましたが
念のため 地上に上がって タクシーに乗ることにしました。

ところが
道路が3車線3車線の大きな道路でしたので
どちら側からひろえばいいのか
地図を見ても さっぱりわからず・・・

ちなみに地図はこんなかんじです。

CELEBRITY2_20140323011851136.jpg
サイトはこちら

道路の脇で困っていたところ
30代ぐらいの男性が 
道に止めてあったご自分の自転車をとりに
私たちの近くにやってこられました。

私は プリントアウトしていた上の地図を彼に見せ
ここに行きたいのですが・・・と 声をかけました。

彼は地図を手に取り しばらく見ていましたが
わからない・・・と地図を返そうとしました。

ところが 
ちょっと待って!と言うと
その地図を持って道端の洋品店に入っていったのです。

やがて店の中から 
店主のおばさんをつれて出てきました。

そして ふたりで地図と道路を交互に見ながら
なにやら話し込んでいるのです。

そうこうしているうちに
お店に入ろうとするお客さんが来たのですが
その方にも声をかけ
三人でなにやら相談しはじめました。

私は

すみません、大丈夫です
ここからタクシーに乗ります
ありがとうございました

と 三人に声をかけました。

すると 彼は 大丈夫だ!といわんばかりの笑顔で
おもむろに道路の方まで歩いて行き
手をあげてタクシーを止めてくれたのです。

そして タクシーの運転手さんに行き先を伝え
間違いなく行ってくれるよう 頼んでくれたのです。

私たちは感激して
口々に感謝の言葉を述べました。

彼はニコニコして
I Love Japan!と言いながら
私たちをタクシーに乗せてくれました。

私たちは タクシーに乗ってからも
後ろを振り返って 手を振りました。

彼もずっと手を振ってくれていました。

そして 
彼はひと仕事終えて ほっとしたのでしょうか
ご自分の自転車に乗ろうとして
つまづいて 自転車ごとこけてしまったのです。

そんなになるまで 熱心に対応してくれた姿に
私たちは胸が熱くなりました。

いいひとだ・・・


運転手さんも いいひとでした。

すごい剣幕で いいな?頼んだぞ!と男の人に言われ
わらわらと私たちが乗り込んできたものですから
圧倒されたのでしょう
メーターをスタートさせてなかったのです。

だいぶ進んだところで
あ!と声をあげて メーター・・・と苦笑いされ
私が オットケ~ と声をかけると
ケンチャナヨ~ 
メーターの料金プラス500ウォン(50円)でいいよ~ と。

このような和気あいあいの雰囲気で
私たちは目的地のDe Karmelietを 目指したのであります。


16日(日)13:00
予約時間ジャストにお店に到着。


お店の外観です。

De Karmeliet 10


テラスです。

De Karmeliet 2


店内です。

De Karmeliet 8
De Karmeliet 4
De Karmeliet 3

おしゃれです~


お料理です。

De Karmeliet 5
De Karmeliet 6
De Karmeliet 7

おいしかったです~


撮影で使用した パーティールームも
見せていただきました。

De Karmeliet 9

そうそう!
ここここ!
こんな壁だったわ!

CELEBRITY1_20140323004115958.jpg

かわいい(^^)


2013.9/1 に
ユノがPrivate Partyをした屋上です。

De Karmeliet 11

この壁の前で DJしたそうです。


そのPrivate Partyのようすです。

De Karmeliet 13
De Karmeliet 14
De Karmeliet 15


この日 私たちを案内してくださったお店の方が
このPrivate Partyで ユノにserveしたそうです。

背が高くてかっこよかった 
と、おっしゃってました(^^)


De Karmeliet 18

お店の方と。
この方も 
背のすらりとした かわいい方でした(^^)

Private Partyは 
20人ぐらいの集まりだったそうです。


おいしいお料理をいただき
貴重なお話も聞けて
私たちは 胸もお腹もいっぱいになったのでした。


  
2014.03.23 Sun l ■ 新・韓国旅日記 l コメント (0) l top
この回は ゆかりの地はでてきません
ですが ネタ的におもしろかったので
書かせていただきました。
ご了承いただけますれば幸いです。

16日(日)AM
  
とうとう3日目です。
時間のたつのは早いです。

おひとりの方(Yさん)は
お知り合いの方と待ち合わせとのことで
私は もうひとりの方(Aさん)にくっついて
マッサージにごいっしょさせていただきました。

昨日に引き続き ミョンドンへ。

お店は決めてないの
いつもこのへんで
おばちゃんがチラシくばってるんだけど


そうなんですね
おばちゃんがチラシを・・・

と ふたりで歩いていると
目の前にチラシを持ったおにーさんが現れました。

マッサージいかがですか?
近いの?
ちかいです!すぐそこです!
どうする?ここでいい?

はい!

というわけで
おにーさんのあとをついていくことにしました。

少し歩いて 建物の細い階段をあがっていき
おにーさんにコースを伝えて 
前払いということで お金を支払いました。

これにきがえてください

手渡された棉シャツと半パンに着替えました。
半パンは 裾が広がった
ゆったりしたタイプのものでした。

しまった!
マッサージに行く時は 
いつもサポーターパンツ的なのを
履くようにしてたのに・・・

そんなことを考えていると

こっちきてくださ~い

と呼ぶ声が。
 
声のするほうに行ってみると
ジャージとTシャツ姿のナムジャが
なにやらうさぎの絵の書かれた大きめの洗面器に
えっさほいさと お湯をくんでいるのです。

ここにすわって足つけてくださ~い

どうやら 足湯のようです。

このおにーさんたちは 何?
なんか 合宿所みたいな雰囲気だな
さっきから 男しか見てないけど
エステシャンはどこ?
ま、まさか
このボディービルダーちっくなにーさんたちが
エ、エステシャン?

ビンゴでした。

こちらにうつぶせでねてくださ~い


ひー!
このひとにマッサージされるの?!
腕太いんだけど!
痛かったらいやだな
どうしよう

ですが そんな心配もどこへやら。

上手いのです。
ぐいぐいと ツボをおしてくるのですが
力加減も ばっちりです。

なかなかよいではないか

と、うとうとしかけた頃に

はい うえむいてねてくださ~い

はいはい、上向きね。

ごろんと上向きになりました。

タオルケットと アイマスクがわりのタオルを 
かけなおしてくれました。

ですが!

いきなり足を持ち上げて 
膝から折りたたみはじめたのです。

かなり本格的マッサージなのです。
膝から折りたたんだ片足を 胸につくぐらい押したあと
そのあとおもむろに
膝側面をベッドにつくぐらいまで押し込んできたのです。

俗に言う 股割り です。


ひぃっ!

ちょ!
パンツ見える!

痛いとかよりも
そっちのほうに神経が集中してしまい
思わず 足に力が入ってしまったところ

ちからぬいてくださ~い

と まっちょエステシャン。

はい すみません。

そのあと 足全体の筋肉がほぐされていき
再び うとうとなりかけた時に
エステシャンが 足元に座った気配が・・・。

なんだ?

足指マッサージが始まるようでした。

股を支点に両足が少し広げられたため
またもや

ちょ!
パンツ見える!

と思ってしまった私は また緊張してしまったようで

ちからぬいてください!
マッサージできません!


と 怒られてしまいました。

ふぇ~
怒らんでもええやん~

と、ちょっと情けないかんじになりつつ
まっちょエステシャンとの60分一本勝負を
戦い抜いたのであります。

勇気のある方は ぜひおためしください。
お値段は 2800円とリ-ズナブルでした。


そうこうしているうちに 
時刻は集合時間の11時15分に近づいていました。

この日のランチは
ユノがCELEBRITYでパーティーをしたお店 
De Karmeliet に行く予定になっていました。

日本から予約の電話をしておいたのです。

ホテルに急がなきゃ!

私たちは大急ぎでホテルに戻りました。

急いでいる途中 
チラシを配っていたおにーさんに 再び出会いました。

あ!おにーさん!

あ!お客さん!

おにーさん
よかったよ


親指をあげて さっそうと通りすぎて行くAさん。

かっけぇ・・・


Aさんは、ふつかめの夜のミョンドンでも
かっこよかったのです。

買い方がかっこいいのです。

すっと入ったお店で

これ
うん 袋はいらないから


入ったお店に 目的のものがなかった時は

じゃ あっちの2号店に行ってみよっか
あっちならあるんじゃない
あ!あの近くには 〇〇もあったよね
じゃ 〇〇も行っとく? 


そしてYさんも

私CD見に行きたいから
CD屋行くね
あとで合流ね

うんわかった!
じゃ あとでね!


と こんなかんじで 
おふたりとも 大変エネルギッシュなかんじで 
ただただ 圧倒されるばかりだったのです。

あ、話を戻します。


ホテルに戻った私たちは
大急ぎでチェックアウトを済ませて荷物をあずけ
De Karmeliet に向かったのでありました。


CELEBRITY1_20140323004115958.jpg

かわいい(^^)

 
2014.03.23 Sun l ■ 新・韓国旅日記 l コメント (0) l top
日付が変わって 15日(土) です。

最初の予定では この日 
明け方から音楽中心の事前に並ぶ予定でした。

ですが その必要がなくなったので
チェックアウトをして荷物をあずけて
イルサンの街を散策することにしました。

イルサンにもロッテ百貨店があります。
ひとも多くなくて ゆったりとまわれました。

こんなかんじで
おいしそうなケーキが並んだショーウィンドーも。

cake.jpg


いちごのケーキが 
とってもおいしそうでした。

cake2.jpg

価格を書いた値札の横には
詳細な説明が添えられていました。

なかなか良いアイディアだと思います!



お昼は 百貨店内のフードコートでいただきました。

pibinnpa.jpg

サンチュピビンバです。

とっても 美味でした~!


午後の予定は 音楽中心の観覧です。


MBCです。

MBC1.jpg

この写真は 観覧が終わったあとで撮ったものです。

吹き抜けが明るくて ひろびろとしてて
ほんとに気持ちよい建物でした。


始まる前は こんなかんじでした。

MBC2.jpg

たくさんのひとがいました。


MBC3.jpg

広いエントランスロビーです。

これも 観覧が終わったあとで撮ったものです。
収録中は ここにいくつもの列ができていきます。

収録観覧を終えたひとたちが会場から出てくると
別の歌手の収録観覧のためにできていた列が大移動し 
会場へといざなわれます。

そして ロビーでは再び 
別の歌手の収録撮影のためのファンの列が
作られるのです。


私たちは 本番観覧の列に並びました。
階段を登ると また広いフロアがあり
会場の入り口には 
黒スーツを着た係員たちがトランシーバーを持って 
目を光らせていました。

列を乱すやつは 容赦しないぜ

そんな鋭い目つきです。

なんか、物々しいなぁ
まるで 国家の行事みたいだなぁ

と、少しびっくりしたのですが
このなかのひとりと やりあうことになろうとは
その時は知る由もなかったのでございます。


MBCの観覧席は KBSよりも広かったです。
その広めの観覧席が 観客でいっぱいになりました。

それぞれのファンのかけ声が
おもしろかったです。

日本の昭和の音楽番組みたいなかんじで
お気に入りの歌手に 
オリジナルな掛け声を張り上げるのです。
とても 懐かしい感じがしました。


いよいよ次は その日のトリである少女時代 という時
それまでトイレに行きたくてずっと我慢していたのですが
とうとう我慢できなくなり 
会場の外へ出ようと試みました。

番組中の出入りは 基本 不可なのだそうです。
でも 緊急事態発生です。

席がなくて
階段に座って観覧している方々のじゃまにならないよう
身を小さくしながら駆け下り
出口に向かいました。

出口には 黒スーツがふたり。
緊急事態なのでトイレに行かせてほしい 
と頼みましたが だめだ と・・・

頼むから という私に
もうすぐ少女時代が出るから
それで終わりだから待て と・・・

だから!
その時間が待てないから来たんだよ・・・
お願いだ!行かせてくれ!
だめだ!
ここでしてしまってもいいのか?!
だめだ!
そりゃそうだ!だから出して!
出すな!
違う!外にだ!
だめだ!

もう 膀胱は限界に達していました。

扉の鍵、あけてよ~
頼むよ~

一部始終を見ていたもうひとりの黒スーツが
何も言わずに 鍵をあけてくれました。

ありがとう!

大慌てで外に出ると
フロアには たくさんのひとが列を作っていました。
このあと行われる事後収録のためのようです。

そのひとたちの間をすり抜け
トイレへダッシュし 
用を済ませてふたたび扉の前に立ったのですが
きっちりと 中から鍵がかけられておりました。

閉めやがったな

でも しょうがありません。
番組本番中に おかしなひとが入ってきたら
大変ですものね。

私は扉の外で 
放送が終わるのをおとなしく待ったのでした。

この時ばかりは
東方神起が出てる時じゃなくてほんとによかった
と、思いました。

来たる日のために 膀胱を鍛えておかねば。


15日(土)15:45 

音楽中心の観覧を終え
荷物をとりにホテルに戻り
タクシーで 次の宿泊地に向かいました。

次の宿泊地はミョンドンです。

チェックインを済ませ
私たちは ミョンドンに繰り出したのでございます。


あ!
この日はTVで アリランテレビの再放送を
やってました。

terebi3.jpg

かわいい(^^)


 
2014.03.22 Sat l ■ 新・韓国旅日記 l コメント (2) l top
14日(金)20:45 地下鉄弘大入口駅 着

ミュージックバンク観覧を終え
次なる目的地は STANNDARAD です。

その前に腹ごしらえ ということで
セマウル食堂へ。


semauru.jpg

どどん!

お肉 おいしかったです~!

丸い卓に3人で座ったのですが 
少し狭いかなというかんじだったのです。
ですがなんと 
後ろの卓には若いナムジャたちが6人 
ぎゅうぎゅうになって座っていました。

アクションが大きいので 
何度となくぶつかってきてはミアネ
そしてまた うぉ~!と盛り上がっていました(^^;)

国は違えど 若者はいずこも同じ(^^)


お腹一杯になったところで STANNDARD へ。

エレベーターのところに
お店のプレートがあります。

STANDARD2.jpg

おしゃれですね~


STANDARD3.jpg
STANDARD4.jpg

お店のなかも おしゃれでした!


ここで撮影したのですよね。
このように・・・

STANDARD6.jpg

チーズボールまみれ(^^;)


STANDARD5.jpg

飲み物とナチョをオーダーしましたが
そのチーズボールも 出てきました。


STANDARD1.jpg

お店の中から見えた
建物の外にある看板です。

いいかんじですねぇ~


今回 残念なことに
お店のマスコットのソウルちゃんは不在でした。

STANDARD7.jpg


残念がる私たちに
お店のオーナーさんが 写真を見せてくれました。

そして ソウルちゃんの写真だけではなくて
撮影時の東方神起の写真も
次から次へと見せてくれました。


ソウルちゃんです。

seouldog.jpg

かわいい(^^)


私たちは おおいに盛り上がり
帰る時には オーナーさんはなんと
エレベーターの前まで見送りに来てくれました。

いいひとだ・・・


出会うひと出会うひと いいひとばかりです。
ありがたいことです。

さぁ そろそろホテルに戻りましょうか
という時刻になったのですが
タクシーがなかなかつかまりません。
やっと空車を見つけても
行き先のイルサンを告げると 断られてしまうのです。

やっとのことで 一台のタクシーが乗せてくれたのですが
その運転手さんいわく
ソウルのタクシーは 基本ソウルだけしか走らない 
イルサンへは コヤン市のタクシーに乗らなくてはならない 
とのこと。
運がよければ 市が違っても大丈夫なのだそうです。

タクシー業界にも
いろいろ 掟 があるのですね。


ホテルに着いて ゆったりまったりしていると
ビートルズコードやってる!のお知らせをいただき
あわててテレビをつけてみると 再放送がやってました。

terebi.jpg

あぁ・・・
やっと会えたのね・・・


terebi2.jpg

会いたかったわ
足の具合はどうなの?
安静にして 一日も早く良くなってね

そんなふうに
テレビのなかのユノに
語りかけていた イルサンの夜なのでした。


2014.03.22 Sat l ■ 新・韓国旅日記 l コメント (2) l top
3/14から3/16まで 旅に出ておりました。

旅立ったのが先週の金曜日
はやいもので 一週間が経ちました。

当初のいちばんの目的は カムバ体験でした。
観覧を計画されておられた方から その話を伺い
わ、わ、わたしも、ついていっていいですか・・・
と お願いしてみたところ 
こころよく了承してくださったので
あつかましくも 同行させていただく運びとなったのです。

念入りに準備をして
(といっても 調べてくださっていたのは ほとんどおふたり)
出発まであと2日という時に とびこんできたあの悲報。

ユノ 足の靭帯損傷
音楽番組出演キャンセル


な、なんですと・・・

足の怪我もびっくりしましたが

旅・・・
どうしますか・・・
番組に出ない・・・
ユノの足もほんとに心配だけれども
なぜに このタイミング・・・

と、正直へこみました。

ですが

せっかくだから 行こう
番組出演がキャンセルなのは残念だけど 
ゆかりの地を巡ってこよう
 

という おふたりの力強いお言葉に導かれ
金曜日の朝いちばんの飛行機で
旅立ったのでございます。


14日(金)9:45 仁川着 
先に到着されておられたおふたりと合流。
とりあえず タクシーでイルサンのホテルへ。

まずは
ボングンのチキン屋さんに行こう!

ドラマではこのようなシーンでした。

BHC 1
BHC 2

うひょ~!
なつかし~!


営業時間を確認するため電話をしよう
ということになりました。
ところが、フロントの方がかけてくれたのですが
電話には誰も出ないとのこと。  
キンパのお店でお昼ごはんを食べながら
作戦会議になりました。

撮影から数年経ってるし 
ひょっとしたらもうお店たたんでるのかも・・・
もしそうなら行ってもしょうがない・・・
どうしよう・・・
あきらめるか・・・
否!せっかくなので行ってみよう!
それでダメならあきらめよう!

というわけで
タクシーをひろって いざ出発!

運転手さんとの片言のハングル会話で 
なごやかに進む道中。

チキン屋さんは 団地の敷地内にあります。
交差点右折でまもなく目的の団地に という時
右折途中でいきなり タクシーが止まりました。

どうしたのですか?と聞くと
ミンバンイフルリョン

??? でしたが 
とある方から このようなお知らせメールを
いただいていたことを思い出しました。

韓国全土で今日14時から20分訓練あるんだって
サイレン鳴らして車両規制とかするけど
訓練だから落ち着いて行動してくださいだって


あ!そっか!訓練なんだ!

お揃いのスタッフジャンパーを着た民間の方が  
交差点内で旗を持って立っておられました。
車両は すべての車線で待機。

minnbouei2.jpg
minnbouei1.jpg

まるで 時が止まったかのようでした。

ミンバンイフルリョン すなわち 
民防衛訓練(민방위 훈련)が解除になるまで
私たちはタクシーの中に缶詰めになったのです。

訓練のこと フルリョンって言うんだね~
フルリョン~ めったに体験できないよね~
貴重な体験だ~!


と めったに体験できないフルリョンを
みなで体感していたのですが
いきなり タクシーの窓をたたく音がしました。
見ると 女性がものすごい剣幕で怒っているではありませんか。

運転手さんが窓を開けて 
ミンバンイフルリョン と説明してあげたのですが
興奮さめやらぬかんじで文句を言いながら 
ぷい!っと どこかに行ってしまいました。 

これには 運転手さんも苦笑いです。
私たちに文句言われてもね~というかんじで
みなで苦笑しながら フルリョン解除を待ちました。

解除のサイレンが鳴り響き
やっとのことで動き出したタクシーは 
やがて団地内に。

ですが、それらしきお店は見つかりません。
住所ではこのへんなのに と
運転手さんも不安そうなかんじに。
私もタクシーから降りて あたりを見回してみましたが
お店は見つからず。

なくなったのかなぁ・・・
残念だなぁ・・・

というムードが漂いはじめたその時
なんと 運転手さん自ら 
少し離れたところにいたガードマンさんのところに
わざわざ聞きに行ってくれたのです。

そして 
向こうから歩いてきた通りすがりのおじさんも
なんだなんだ?というかんじで近寄ってこられ
その店ならあっちにあるぞ!と・・・

みなで こますみだー!とお礼を言い
よっしゃー!というかんじで 運転手さんが
車を走らせてくれました。

さらに数分走ったところに 
そのお店はありました。


BHC 3

あったー!!!


来てみてよかったです。
電話に出なかったのは 宅配中だったのでしょう。

お店のなかに サインがありました。

BHC 4
BHC 5

To 一山洞店 BHC 。。
事業繁栄なさって・・・
いつもお幸せになさってください~☆ 
鶏美味い!! 最高 ^^*


なつかしいサインが飾ってありました。

いろいろ大変な時期だったこの時
ユノはこのドラマに全身全霊打ち込んで
がんばっていたのだなぁと 
感慨深い思いとともに
しばし このサインを眺めていたのでございます。


次の目的地にも行ってもらうために
運転手さんには 待っててもらっていました。

運転手さん 何か飲まれないかな?

おお!
さすが気づかいのおふたり!

さっそく聞いてみましたが、アニョアニョ!と運転手さん。
さらには カメラを と
記念写真までとってくれました。

いいひとだー!


BHC 8
   
さえずるチキンたち。


ボングンのチキン屋さんを堪能したあと
私たちは 次なる目的地 
KBSのある ヨイドに向かったのでありました。

 
ちなみに チキンはこんなかんじでした。

BHC 6
BHC 7

上はチキン
下は飲み物

よくできてますねぇ
チキンも おいしかったです。


ところで

ユノの発明、噂ではコップらしいです。
こんなかんじのものでしょかね。

どんなのかな。


14日(金)15:45 ヨイド着

1/19にサイン会があったヨイドIFCモールです。
この日は 少女時代のサイン会でした。

IFC1.jpg

ひとが集まり始めていました。


ちなみに 1/19のようすです。

IFC2.jpg

すごいひとです!


IFC3.jpg

笑顔のふたり。
やはり 公開サイン会はありがたいですね。


その後 
ミュージックバンク観覧のためKBSへ。

観覧席は ステージにとても近かったです。
出番を待つ歌手がステージそでに集まってきたりするので
テレビに映っていない わちゃわちゃした様子も 
実際に見ることができます。

そして 
生放送の部分と収録の部分が 同時進行ですすんでいくので
なんとも不思議なかんじでした。
テレビの映像で収録映像が流れている間は
ステージ上では 
まったりとしたパフォーマンスが行われています。
その まったりパフォーマンスも 
途中でぷつっと終わっちゃうのです。
不思議なシステムです。

そんななか
入れ替わり立ち替わり現れる歌手の歌声を聞きながら
昨夜ほとんど寝ていなかった私は
少しのあいだ 心地よい眠りに落ちてしまいました。


すべての出演者のステージが終わって
外へ出てみると すでに真っ暗になっていました。 

kbs1.jpg


KBSを出たところに 
こんなかわいい屋台カフェを発見。
お客さんが ひっきりなしでした。

kbs2.jpg


次なる目的地は 
Catc Me リパケ撮影が行われたお店 STANDARDです。

私たちは ここちよい疲れとともに
地下鉄の駅へと急いだのでありました。


2014.03.22 Sat l ■ 新・韓国旅日記 l コメント (4) l top